前へ
次へ

一戸建てを購入する場合

一戸建てを購入する場合、費用面での不安が生じてしまいます。
上限を設定しなければ、いくらでも積

more

一戸建て住宅のメリットと騒音

集合住宅に住んでいる方々は、しばしば騒音に関する悩みを抱えています。
集合住宅の場合は、隣の部

more

どうせなら一戸建てに住みたい

ずっとアパート暮らしをしてきた私ですが、いずれはどこかに家を建てて自分だけの持ち家に住みたいと考えて

more

一戸建てを購入するにあたって

一戸建不動産は人生の中で一番の大きな買い物になりますので、購入の際には住宅ローンを組むのが一般的です。
そして住宅ローンとは別に、最初にキャッシュで用立てておく必要がある費用が購入申し込みのときに支払う頭金と言われるものです。
頭金ゼロ円の物件は別にして、購入の申し込みをする物件価格のだいたい1割〜2割程度用意しておくと安心です。
一般的には10万円前後が一戸建て購入の頭金の相場として多いようです。
その他に諸費用として売買契約書に貼る印紙代や住宅ローンを組むときの手数料、中古住宅の場合は仲介手数料がかかります。
そして売買契約書が締結した際に売主に支払う費用が手付金です。
手付金の目安は物件価格の10%前後となり、これは購入代金の一部にあてられることになります。
その他に引越しをするのにかかる費用や新居での暮らしをよりよくするために新しく購入する家具等の購入費用も、予算に組んでおく必要があります。
ては大きく分けると建売住宅と注文住宅の二つのタイプがあります。
建売住宅とはすでに建設されてある住宅のことを指します。
建売住宅はあらかじめ建っている状態で販売されているので、購入して必要な手続きが済んだら引っ越しがスムーズにできます。
また、購入する前にどういう暮らしができるのか実物を見て想像できるのも利点です。
それに対して最初に土地を購入し、そこに自分が住みたい理想の一戸建てをゼロから建てていくのが注文住宅です。
建売住宅は必ずしも自分や家族の理想にぴったりの住まいというわけではなく、どこかで妥協しなければなりません。
しかし、それに対して注文住宅は「こういう家に住みたい」という理想がそのまま形になります。
住まいにこだわりがある人に向いている一戸建てと言えます。
一般的に注文住宅は建売住宅よりも価格が高くなりますが、こだわるところはこだわり、節約するところは節約して建てることで予算よりも安くできる場合があると言われてます。

Page Top